不断水工事のメリット

subpage01

不断水工事は、その名称のとおり、断水をすることなく工事をすることが可能な工法です。

通常、水道管を切断すれば水は止まってしまいますが、本管から枝管を取り出す分岐工法や、本管の切断部に仕切弁やプラグ、ストレーナー等を挿入して断水を防ぐインサーティング工法などがあります。

いずれも、不断水工事を行うための技術であり、これを行うことで水道が止まることを防ぐことが可能です。



水は、日常的に使用するもので、飲料用やトイレ用など、様々な用途に用いられます。

日本経済新聞情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

そのため、止まってしまうことで生活に支障が出てしまいますが、不断水工事を取り入れればそういった生活上の不便を起こさないので優れている工事方法となります。


このように便利な工事方法なので、水道管の保守点検の際や取り換えの際に用いられます。



これには高い技術が必要であるため、すべての業者が行えるわけではないのが特徴です。
逆に言えば、その技術を持っている会社は、高い技術レベルを持っている会社であるということができます。

日常的に一般の方が利用することは有りませんが、日々の水道工事では用いることが多く、社会の役に立っています。不断水工事を行うための特殊なバルブも製造されています。

これは、この工事を行ううえで必要不可欠です。
技術に関しては、製造するメーカーのホームページで図解や動画での解説がなされていることが多いので、それを見ることでどういった仕組みになっているのかを理解できます。