不断水工事で無駄を省略できる

subpage01

より効率的に配管工事を行うためには、工事に付帯する様々な手間を省略する必要があります。

現代の上下水道における配管工事は不断水工事によるものが一般的です。
配管内の水流を止めることなく作業を行うことができるため、断水対策などの手間を省略し作業の効率を向上させることができます。また作業効率の向上は工事期間を短縮させ、工事費用を削減することにつながります。
不断水工事を行うための工法は、大きく2種類に分類することができます。


割T字管と呼ばれる分割型のT字管と穿孔機を使用して配管に穴を開けるのが不断水分岐工法です。

この工法では、穿孔機のドリルが穴を開ける際に発生する金属の欠片が水圧で外に排出されます。分岐管を設置する場合には割T字管に仕切弁を取り付け、さらに仕切弁に分岐管を接続します。
バルブを設置する場合には作業弁をしますが、作業弁は工事完了後に取り外されます。



分岐工法はもともと上水道の分岐管やバルブを設置するために開発された技術です。次に液体窒素を使用して施工箇所の両端を凍結させる不断水凍結工法があります。

この工法では凍結部分がバルブの代わりとしての役割を担います。

朝日新聞デジタルに関して悩んだら、是非お試し下さい。

いずれの工法で不断水工事を行う場合にも、工事期間の短縮と工事費用の削減できるというメリットが存在します。現在では分岐工法も凍結工法も上下水道を問わず広く活用されています。


かつてバルブの開閉により配管内の水流を止めていた時代には、バルブに付着した赤錆の剥離により配管内の清掃が必要でした。

また断水対策として周辺住民への配慮も不可欠です。



不断水工事はそれらの手間を省略し、効率的に配管工事を行うことを可能とします。